HOME  痛みの種類、痛いと感じる仕組み

MECHANISM OF PAIN - 痛みのメカニズム -

痛みの種類

人間は、電気信号が脳に伝わることにより「痛い」と感じます。
痛みには、刺すような痛み、ピリピリする痛み、ジンジンする痛みのように切りが無いほどたくさんありますが、どれも電気信号により伝えられています。システムは以下のようになります。
侵害受容器と言うセンサーに痛みを出す物質(発痛物質)が触れることで電気信号が起こり、電導路である神経を通り脳に伝わる、これにより「痛み」として認識します。

大きく分けると急性痛と慢性痛があります。


【急性痛】 …… 炎症が起こるため消炎鎮痛剤の服用が有効である。

  • 画鋲を踏んだ時、刃物で手を切った時、打撲した時に感じる痛みを言い、組織(皮膚や血管、筋肉、骨)の損傷や腫脹、発赤、疼痛、熱感といった『炎症4徴候』を必ず伴う。
  • 急性の痛みは損傷した組織から発痛物質が出現します。
  • 組織の損傷と炎症が治まれば自然と痛みはひきます。

【慢性痛】 …… 消炎鎮痛剤 (いわゆる痛み止めや湿布薬) は効果がない。

  • 肩こり、腰痛、膝痛などの運動器疾患や頭痛、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)等が原因となり痛みを感じます。
  • 筋肉が硬くなり血管を圧迫してしまうことにより血流が悪化、それにより酸素欠乏が起こり、筋肉から発痛物質が出現します。
  • 組織の大きな損傷はなく炎症の4徴候はみられません。
  • 消炎鎮痛剤は血管収縮を促すため効かないことも多く、使用すると返って悪化する場合もある。
  • 血流改善により症状の緩解につながる。