HOME  【筋膜 (fascia)】の治療で痛みは消える

FASCIA & TRIGGER POINT - 筋膜とトリガーポイント -

【筋膜 (fascia)】の治療で痛みは消える

いくつかの報告をもとに【筋膜(fascia)】が治療対象であることを説明していきます。

  • 6か月間ギブス固定をした方の患側筋膜と健側筋膜を比較したところ、患側の筋膜が密になって固まっていた。
  • 同じような状態の筋膜が慢性腰痛患者にも存在する。
  • 腰痛患者の “fuzz” を内視鏡で取り除くと痛みがなくなる。
    ※この報告に関しては、筋膜に傷をつけることになるため腰痛が再発するのでは?と懸念もあります。
  • OPEをしたら腰痛がなくなったが再発した。
    これは “fuzz” がメスを入れたところにあり、一時的に痛みがなくなったと考えられる。
  • エコー画像により映し出された筋膜の癒着部分にピンポイントで生理食塩水を注入することにより症状が改善され、同時に画像上でも癒着部位が剥がれて無くなる瞬間を確認できる。

当院では、
「ハリを用いてトリガーポイントを刺激し、筋膜を緩める」
「マッサージで癒着した筋膜を剥がす」
この2つを施術時間内に組み合わせて症状を緩和していきます。