HOME 筋膜とトリガーポイント 筋膜マッサージ

FASCIA & TRIGGER POINT - 筋膜マッサージ -

頭痛-腰痛-肩こりの痛みの原因

「腰痛と肩こり」この2つは現代人にとって切っても切り離せない痛みと言っても過言では無いほど多くの人を悩ませています。
では、腰痛、肩こりを代表とする痛みの原因は何からきているのでしょうか。
現在考えられている原因の中でも当店が注目しているのは、「筋膜(ファシア )」の滑走障害(膜のスライド障害)です。
人間は昔のロボットの様なカクカクした動きではなく、3D動作を様々な部位で行うことで歩行したり、物を投げたりを可能にしていますがこの3D動作を助けているのは紛れもなく「膜(ファシア)同士の滑り」です。
特に皮下筋膜(浅筋膜とも言われる)は皮膚層との関係性も高く膜の動きが悪化することで皮膚の動きにも悪影響を及ぼし動作の妨げになっています。
さらに膜(ファシア )と皮膚には、動きのセンサーや触覚、圧覚のセンサー、痛みを感じるセンサーなどが無数に存在しています。
膜(ファシア )への刺激により痛みのセンサーが反応を起こせば、痛みが神経を通り脳に伝えられ、「腰が痛い」「肩が痛い」と感じるのです。
肩こり、首こりの部位によっては、頭痛に感じることもありますし、腰周りでは、坐骨神経痛のように感じることもあります。

DiME 筋膜マッサージはこんな人、こんな病状におすすめ!

奥沢のマッサージ専門院DiMEは、以下の病状の方にファシア ライド&リリース®︎(筋膜マッサージ)をおすすめします。

  1. 1 . 肩こり、首こり
  2. 2 . 首や肩周りからくる頭痛
  3. 3 . 慢性腰痛

その他、膝痛、五十肩四十肩や姿勢の崩れ、股関節の可動域改善、猫背改善など

DiME 当店の筋膜マッサージの手順

奥沢のマッサージ専門院DiMEでご体験いただくファシア ライド&リリース®︎(筋膜マッサージ)の手順をご案内します。

  1. 1 . 問診をもとに原因部位がどこにあるのかを絞ります
  2. 2 . 姿勢や皮膚の盛り上がりなどを診て膜の緊張、皮膚の緊張具合を把握
  3. 3 . 1や2をもとに原因と考えられる部位の周囲の皮膚をズラしながら膜と皮膚との状況をみて動きにくい部位と抵抗感を感じる部位を丁寧にズリ伸ばしながら整えます。
  4. 4 . 抵抗感等がなくなり始めたら整ったサインになります。
  5. 5 . 前後左右、動きのチェックをしてもらい問題ないようでしたら施術は終了です。

DiME 筋膜マッサージが選ばれる理由

前出の通り、DiMEはトリガーポイント鍼灸(はりきゅう)治療のみならず、筋膜マッサージ専門院として多くの方に選ばれております。

その理由を以下のようになります。

  • ・強い圧力をかけることなく優しいタッチであること
  • ・ゴリゴリほぐすのではなく、膜の繋がりを意識しながら「鉋」で面を整えるような マッサージであること
  • ・柔らかく適度に張りのある、フワフワの筋肉に
  • ・筋の癖を取ることで、筋やカラダのラインがしっかり出てくる
  • ・ズラすことで様々なセンサーを刺激、月の光のように優しく響いて気持ちいい
    (患者様の間では、月のマッサージとも言われている)
  • ・「ズラす」という表現で院長監修の「筋膜ストレッチ」という本が出ている

※この情報は鍼灸師として14年間第一線で活躍した当院の院長小井手智啓が記述しており、日本で代替医療に分類されている国家資格を持っております。また、当院の院長を務める小井手 智啓は、筋膜ストレッチ(朝日新聞 2016年出版)の監修を歴任するほど、肩こり、腰痛、頭痛をはじめ、多くの現代人が悩む痛みやコリの改善について、その経験と知識を高く評価されております。
※当院では、Fasciaについて正しい知識をお伝えするために日々努めております。痛みなどのお悩みの方は是非当院までお越しください。(Fasciaの情報や療法には、個人差がありますので、予め十分な時間を確保の上、説明を行います。)